TOP >> 肩の痛みは肩だけの治療では良くならない

 なぜ肩だけの治療では良くならのか?
五十肩で悩まれていたYさんですが、首の痛み(ストレートネック)にも悩まされていました。
いただいたメールの質問と回答を紹介します。




三起均整肩の痛み解消プログラムも毎日続けております。
私もお陰様で大分元気になって参りました。
まだまだ、元のようにはなれませんが、一時期の最悪状態の時に比べたら夢のようです。

現在は丁度一年前から痛くなりだした首の痛み、全身の筋力が落ちてしまったせいか、
ストレートネックになってしまったようで、何しろ首回りの痛みが辛いです。

一度、なってしまったストレートネックを治すというのは不可能なようなので、
今はひたすら首周りの筋肉を鍛え、姿勢をよくする事に専念しております。
そのような方の例題がございましたらお教え頂けたらと思います。




ストレートネックは均整筋肉体操基礎編と腰痛体操でよくなります。
首周りの筋肉を鍛えてもよくなりません。
腰の筋肉の緊張をとるのが早道です。
かかとを上げて行う***を5回してください。1日3セット。
膝上の筋肉の緊張が取れますと腰の緊張が取れます。そうすると首が楽になります。


肩と首は関連しているので同時に痛みが出ることもあり、また同時に良くしていくことも可能です。

また、同じように腰の緊張が肩や首に影響を与え痛みがでることがあります。
その場合は、膝上の筋肉を緩めることで、腰の緊張も取っていくことができるのです。



他にも、肩の痛みと腰痛で悩まれている方のメールを紹介します。



肩痛解消DVD有難うございました。 家内が肩痛で使用してますが、腰も痛いので今は休止しています。 時々無理のないようにやっていますが、湿布とか、塗り薬等を毎日交互に行ってますが、腰が痛くても肩の痛みのプログラムを実施したほうがいいでしょうか?

(この質問にもすでに回答済みです。)

※つらい肩の痛みとその他に表れた症状を一緒に改善!
肩の痛みに影響している主な体の部位は、三角筋、肩腱板などの緊張、背骨の歪み、胸郭のこわばり、股関節の硬さなどですが、その他にも1人1人日頃の体の使い方などによって、影響している部位が異なってきます。
肩、腰、首など痛いところだけを改善するのではなく、自分の体全体の歪みやコワバリを取り除くことが大切です。
そうすることで、肩の痛みだけでなく、体に表れたいくつもの症状も同時に解消していきます。

戻る